広域援農ボランティアをしたい方

現在サイトリニューアルの為、会員登録、及び広域援農ボランティアのサービスを停止しております。
なお、新ウェブサイトは12月9日(木)10時にオープンを予定しております。
ご予定が定まらず、12月の援農ボランティアに現サイト稼働中に申込みが出来ない方については、新ウェブサイトより、お申込みをお願いいたします。

ボランティア登録から参加までの流れ

広域援農ボランティアの受入れをしたい農家の方は「農業者の方へ」をご覧ください。

会員登録

    とうきょう広域援農ボランティア会員に登録します(登録方法は下段に掲載)

募集情報をご覧になり、参加したい活動があるときのみ、登録してください

 

  1. 広域援農ボランティア登録受付メール(24時間自動応答)をお送りします。
  2. 1週間以内に事務局が登録内容を確認し、広域援農ボランティア登録完了メールで会員ID、パスワードをお送りします。

参加申し込み

  1. 会員用ページより、参加者募集情報を閲覧します。
    ※新しい募集情報を掲載したら、会員にメールでお知らせすることがあります。
  2. 参加者募集情報の日時、場所等を確認の上、参加できる場合は、「参加する」をクリックし、必要事項を入力します。
  3. 事務局より、参加決定のメールをお送りし、参加場所の地図等詳細ページのパスワードをメールでお送りします。
    ※人数等の調整により、参加見送りをお願いする場合もあります。また、事務局から農家にボランティア参加者の氏名、性別、年代、お住まいの区市町村名、電話番号、メールアドレスを通知します。

 

活動当日

現地で農家の指導に基づき、農作業のお手伝いに参加します。

参加するときの服装・持ち物

基本の持ち物

  • マスク(作業中は熱中症に適宜外すこと(熱中症予防))
  • 長靴もしくは地下足袋
  • 農作業用手袋
  • 農作業ができる服(長袖・長ズボンが望ましい)
  • 飲み物(水筒やペットボトル)
  • 帽子(夏場必須)
  • タオル

※その他に必要なものがある場合は、募集案内で個別にご案内いたします。

アドバイス

  • 夏場でも、怪我防止・日焼防止のため、長袖がおすすめ。
  • 上着を羽織る場合は、枝などがひっかかりにくいつるんとした素材がおすすめ。
  • 日焼け・疲労防止に、サングラス・日焼け止めも効果的。
  • 貴重品は自己管理となります。必要に応じて、ウエストポーチなどご用意ください。

ボランティア登録

広域援農ボランティアを知る・募集情報をご覧になって、参加をご希望の方は、広域援農ボランティアとしてご登録ください。

※登録前に必ず下記登録条件をご確認ください。

登録条件

以下の①~⑦の全ての条件を満たす方。

  1. 受入農家の指導に従って農作業のお手伝いができること。※経験の有無は問いません。
  2. 無償で援農活動に参加できること。※交通費、作業被服、飲み物、弁当等、全て自己負担です。
  3. 「とうきょう援農ボランティア」サイトからボランティア会員登録し、会員登録後はログイン・参加申込みができること。
  4. 電子メールで財団の広域援農ボランティア事務局(以下「事務局」という。)・農家と連絡がとれること。(事務局から、ボランティア参加の氏名、性別、年代、お住まいの区市町村名、電話番号、メールアドレスを農家に通知します。)
  5. 満15歳に達した日以後最初の4月1日が経過した方。
    ※年齢上限はありませんが、屋外で農作業ができる体力は必要です。
  6. ボランティア活動に理解があり、受入農家・他のボランティアに迷惑をかけない等、基本的なマナーが守れること。
  7. 「東京広域援農ボランティア事業実施要領」の内容について、承諾できる方。